新築仕様紹介

一度壁を取り外して断熱材を入れ、改めて壁をつけ直すリフォームの事を指します。
また、断熱材が入っていない家に新しく断熱材を入れる場合などに行います。壁だけでなく、家の中の適温になった空気は、窓から外へ逃げていきやすいです。

ですから、窓枠にサッシを入れて気密性を高めると、空気が逃げにくくなるでしょう。
また、外からの騒音も聞こえにくくなります。そのうえ、家の中で大きな音を立てても外へは響きにくいです。

住宅ごとに断熱材の種類や断熱対策の方法も異なります。断熱リフォームで「どんな断熱材が自宅に最適なのか分からない…」といったお悩みの方は、一度弊社にご相談ください。


<省エネ基準レベル アルミペアガラス(LOW-Eガラス)>

■断熱材
床30㎜ 外壁90㎜ 天井90㎜

■サッシ
遮熱・断熱によって冷暖房費を削減し、ペアガラスの効果を最大限に上げます。 また、外側をLOW-Eガラスに変えることで外側からの冷風や雪による冷却効果を防ぎ室内の保温効果を持続させます。

■坪単価に含まれる工事
本体工事・宅内配管工事(浄化槽設置も含む)・照明器具付・給湯器付

■引き渡し後に含まれないもの
エアコン・カーテン、カーテンレール・太陽光発電・蓄電池・それ以外は標準装備 土地形状によっては電線工事や配管工事が長くなる場合があります。あくまでも50坪の土地で、水道管が宅内まで配管されていること、電線が敷地前面道路にある場合の目安の単価です。


<ゼロエネ住宅レベル アルミ・樹脂複合ペアガラス(LOW-Eガラス)>

■断熱材
床50㎜ 外壁105㎜ 天井150㎜

■サッシ
ペアガラスで密閉された中間層をもち、光の透過性を保ちつつ、断熱効果を上げます。 LOW-E ガラスは遮熱・断熱によって冷暖房費を削減し、ペアガラスの効果を最大限に上げます。

■坪単価に含まれる工事
本体工事・宅内配管工事(浄化槽設置も含む)・照明器具付・給湯器付

■引き渡し後に含まれないもの
エアコン・カーテン、カーテンレール・太陽光発電・蓄電池・それ以外は標準装備 土地形状によっては電線工事や配管工事が長くなる場合があります。あくまでも50坪の土地で、水道管が宅内まで配管されていること、電線が敷地前面道路にある場合の目安の単価です。



■断熱材
床100㎜ 外壁120㎜ 天井300㎜

■サッシ
板ガラスと板ガラスの間に対流の生じない範囲の幅の密閉空気層を作り、断熱性能を高めているアルゴンガスが入ったダブルLow-Eガラスを採用しています。また、樹脂製ウォームエッジスペーサーと合わせてスキマからの冷却を防ぎます。

■坪単価に含まれる工事
本体工事・宅内配管工事(浄化槽設置も含む)・照明器具付・給湯器付

■引き渡し後に含まれないもの
エアコン・カーテン、カーテンレール・太陽光発電・蓄電池・それ以外は標準装備 土地形状によっては電線工事や配管工事が長くなる場合があります。あくまでも50坪の土地で、水道管が宅内まで配管されていること、電線が敷地前面道路にある場合の目安の単価です。

資料請求
資料請求

ここにゃんリフォームについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

選ばれる理由
  • 断熱診断
  • ここにゃんリフォーム
  • 新築仕様紹介